戻る
  • 肌のかさつきを予防し、しっとりした肌を作る
  • 春菊とパセリのジェノベーゼソーススパゲッティ 
header
「春菊とパセリのジェノベーゼソーススパゲッティ 」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
801kcal
塩分:
2.6g
※栄養価などは1人分の値。
効能
乾燥肌、美肌


材料
食材 (2人分)
春菊 150g
パセリ 10g
にんにく 1片
松の実 10g
オリーブ油 120CC
小さじ1
こしょう 少々
スパゲッティ 140g
バジル(飾り用) 少々

footer

header
⑥ 器に盛り、バジルを飾る。
① 春菊は熱湯でさっと茹で、水気を絞り、粗く刻む。
② パセリはよく洗い、水気を拭き取り粗く刻む。
③ にんにくと松の実は粗く刻む。
④ ミキサーに、春菊、パセリ、にんにく、松の実、オリーブ油、塩、こしょうを入れ攪拌する。
⑤ スパゲッティを茹で、④をからめる。
footer

header
β‐カロテンが豊富な春菊とパセリ、良質な不飽和脂肪酸を含む松の実とオリーブ油で作るジェノベーゼは、粘膜を強化して肌のかさつきを予防し、しっとりした肌を作ります。ビタミンCやビタミンEも同時に取ることができ、乾燥肌を予防して健康な美肌を作ります。ジェノベーゼが余ったらカナッペなどに利用すると美味しいです。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
風邪が原因のたんに効く「春菊の煎じ汁」
カロテンが豊富な春菊は、体内に入るとビタミンA効力を発揮し、喉や細胞の粘膜を強化し、粘液の分泌を盛んにします。
[作り方]
春菊をよく洗い、春菊の4~5倍の水を入れ、水が半量になるまで煎じる。1回約100CCを1日2~3回飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ