戻る
  • 毛母細胞の新陳代謝を活発にする
  • ウナギ白焼きとじゃがいもの抹茶かき揚げ
header
「ウナギ白焼きとじゃがいもの抹茶かき揚げ」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
220kcal
塩分:
1.6g
※栄養価などは1人分の値。
効能
抜毛、美肌


材料
食材 (2人分)
ウナギ白焼き 1/2尾(60g)
じゃがいも(中) 1/2個(60g)
A 小麦粉 大さじ1
抹茶(柿茶、緑茶など) 大さじ1
大さじ2
ごま油 適量
粗塩(好みで) 適量

footer

header
① ウナギ白焼きは1cm角に切る。
② じゃがいもは皮をむき、1cm角に切る。
③ ウナギとじゃがいもを混ぜ合わせ、6等分にする。
④ ボウルにAを入れ、サックリ混ぜる。
⑤ 器に③の1/6分量を入れて小麦粉少々(分量外)を振り混ぜる。この小麦粉が具をくっつける役目をする。
⑥ ⑤に④の1/6分量を入れ、サックリ混ぜ合わせる。
⑦ 170℃(中温)に熱した油に入れ、カラッと揚げる。
⑧ 器に盛り、粗塩を添える。
footer

header
良質なたんぱく質と脂質を持つウナギ・ビタミンC含有の高いじゃがいもと抹茶を一緒に取ると、髪の毛に栄養を与え毛母細胞の新陳代謝を活発にする食べ合わせになります。抹茶は茶葉の栄養素が丸ごと取れる食品なので、料理にどんどん応用しましょう。良質な脂質、コラーゲン、ビタミンCが美肌作りにも有効に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
便秘に効く「じゃがいものおろし汁」
じゃがいもの絞り汁は昔から慢性的な便秘に効くと伝えられてきました。また、絞り汁を煎じたものは、胃潰瘍の特効薬として知られています。新鮮なじゃがいもを使います。
[作り方]
じゃがいもはよく洗ってから皮をむき、芽もていねいに取り除く。すりおろしてからガーゼで絞る。小さじ2杯を1日2回空腹時に飲む。胃潰瘍の時は絞り汁を黒くなるまで煎じたものを飲む。
※じゃがいもの絞り汁は時間が経つと変色するので、つくり置きはしない。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ