戻る
  • 血管をしなやかに保ち、コレステロールを低下させる
  • サバのピカタ
header
「サバのピカタ 」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
180kcal
塩分:
1.9g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、脳梗塞、動脈硬化、体力強化、滋養


材料
食材 (2人分)
サバ(三枚おろし) 片身
ピーマン 1個
しいたけ(中) 1枚
にんじん 10g
うずらの卵 2個
しょう油 小さじ1/2
少々
オリーブ油 大さじ1
付け合せ(トマト、パセリ)

footer

header
① サバは2~3cm幅の削ぎ切りにし、塩少々を振り、5~6分置く。
② ピーマンは種を取り、みじん切りにする。
③ しいたけは石づきと軸を取り、かさと軸はみじん切りにする。
④ にんじんはみじん切りにする。
⑤ ボウルにうずら卵を割りほぐし、ピーマン、しいたけ、にんじん、しょう油を加えてよく混ぜ衣を作る。
⑥ サバの身の面に小麦粉(分量外)を振り、④をのせる。
⑦ フライパンにオリーブ油を熱し、衣を付けた面を下にして入れ、ふたをして中火で両面をこんがり焼く。
footer

header
サバに含まれる不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)・ピーマンやにんじんのβ―カロテン・しいたけの食物繊維を一緒に取ると、血管をしなやかに保ち、コレステロールの低下に働く食べ合わせになります。消化吸収のよいサバは体力を強化する働きに優れ、うずらの卵をプラスすることで栄養バランスが高まり、体力がない時の滋養食としておススメです。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ