戻る
  • 豆板醤・ごま・松の実の抗酸化力で細胞の酸化を予防する
  • タコときゅうりの豆板醤和え
header
「タコときゅうりの豆板醤和え」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
190kcal
塩分:
1.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
脳梗塞、糖尿病、血栓予防、抗酸化力


材料
食材 (2人分)
タコ(茹でたもの) 1本(80g)
きゅうり 1/2本
みょうが 1個
A 豆板醤 小さじ1
ごま油 大さじ2
松の実 小さじ1
B レモン汁 大さじ1
トマトケチャップ 大さじ2

footer

header
① タコは布きんに包み、空き瓶などで叩き、薄切りにする。
② きゅうりは薄い小口切りにする。
③ みょうがは薄い輪切りにする。
④ 鍋にAを入れ、弱火でよく混ぜる。
⑤ ④を火から下ろし、Bを加えて混ぜ合わせる。
⑥ ⑤にタコ、きゅうり、みょうがを加え和える。
footer

header
タコは高たんぱくで脂質や糖質が少ない低カロリー食品です。血中コレステロール値を低下させるタウリンを豊富に含み、血栓予防や血圧安定に優れた働きを発揮します。豆板醤・ごま油・松の実の抗酸化力が細胞の酸化予防に働き、タコと一緒にインスリン効果を高める作用も期待できるので、糖尿病の改善にも有効です。みょうがと食べ合わせると門脈系の血流がよくなり、痔の症状改善に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
暗視野能力を高める「干しダコ」
タコに含まれる遊離アミノ酸のタウリンには、視力障害を改善する効能があります。また、暗い所でもよく物が見えるようになる働きがあるといわれ、江戸時代の忍者が闇の中での訓練時に愛食したといわれています。
[作り方]
タコは薄くスライスし、天日でよく干し、乾燥させる。適量を口に入れ、よく噛みながら食べる。

あせもを治す「きゅうりの切り口」
きゅうりに含まれる苦みが、ひどいあせもも治します。
[作り方]
きゅうりの切り口に塩をつけて、あせもの部分をこする。

05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く