戻る
  • コレステロール低下の食べ合わせ
  • 納豆とさやいんげんの白和え風
header
「納豆とさやいんげんの白和え風」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
136kcal
塩分:
1.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
脳梗塞、血栓予防


材料
食材 (2人分)
納豆 1パック
さやいんげん 20g
にんじん 10g
豆腐(木綿) 1/4丁(約90g)
A マヨネーズ 大さじ1
塩、こしょう 各少々

footer

header
① さやいんげんは熱湯で茹で、斜め細切りにする。
② にんじんは細切りにし、熱湯でさっと茹でる。
③ 豆腐は布きんに包み、手でよく水気を絞り、すり鉢でする。
④ ③にAを加えよくすり混ぜる。
⑤ 納豆はよく混ぜて糸を引かせる。
⑥ ④に納豆、さやいんげん、にんじんを入れ、よく混ぜる。
footer

header
納豆・豆腐・さやいんげん・にんじんは、納豆と豆腐に含まれるレシチンがコレステロールを洗い流し、さやいんげんとにんじんの食物繊維がコレステロール排出に働くため、血栓を予防し、脳梗塞の予防に優れた食べ合わせになります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ