戻る
  • コラーゲン吸収が高まり、肌に弾力が出る
  • キウイフルーツと鶏手羽先のカレー
header
「キウイフルーツと鶏手羽先のカレー 」の画像
所要時間:
30 分
エネルギー:
683kcal
塩分:
3.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
シミ・シワ、美肌、抗酸化力、食欲増進


材料
食材 (2人分)
キウイフルーツ 2個
鶏手羽先 4本
たまねぎ(中) 1個(200g)
トマト(中) 1/2個(80g)
カレールウ 60g
サフランライス(作り方は下記) 茶碗2杯分

footer

header
① 鶏手羽先は食べやすいように、関節部分に包丁を入れて切り離し、骨に沿って包丁の先で切り込みを入れる。
② フライパンに油少々(分量外)を熱し、鶏手羽先の皮の面を下にして入れ、焼き色がつくまで焼く。フライパンから取り出して鍋に入れ、ヒタヒタの水を加えて中火で約10分煮る。
③ たまねぎはみじん切りにし、①のフライパンに入れ、弱火で飴色になるまで炒める。
④ キウイフルーツは皮を取り、スライス3枚を作り、残りは1cm角に切る。
⑤ ②の鍋に③、1cm角に切ったキウイフルーツ、水1カップを入れ、弱めの中火で約10分煮る。
⑥ ⑤の火を止めカレールーを入れて溶かす。ルーが溶けたらさっとひと煮立ちさせ、火を止める。
⑦ 器にサフランライスとカレーを盛り、キウイフルーツのスライスを半分に切ったものを飾る。
footer

header
キウイフルーツと鶏手羽先は、シミとシワを予防する優れた食べ合わせです。キウイフルーツに含まれるビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、ビタミンEはメラニン色素の排出を促し美肌を作ります。一方、鶏手羽先に豊富に含まれるコラーゲンは肌に弾力を与え、ビタミンCと一緒に取るとその効果は倍増します。カレーの抗酸化力が細胞の酸化を予防し、食欲増進に働きます。
footer
header
●サフランライスの作り方(材料:米1.5カップサフラン雌しべ10~12本)
①米を研ぎ、分量の水加減にする。
②①にサフランを入れ、2~3時間経ってから炊く。
※サフランは水に漬けてから15分ほどで戻りますが、米は浸水時間が長いほどギャバが発生するので、研いでから3~4時間経ってから炊くとよいでしょう。時間があれば一晩浸水させてください。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ