戻る
  • 豊富なカリウムが利尿作用を高める
  • そら豆ととうもろこしの海苔酢
header
「そら豆ととうもろこしの海苔酢」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
53kcal
塩分:
0.6g
※栄養価などは1人分の値。
効能
むくみ、利尿、美肌、便秘、血圧安定


材料
食材 (2人分)
そら豆(茹でたもの) 50g
ホールコーン 40g
海苔(全型) 1と1/2枚
A だし汁 大さじ1
大さじ1
しょう油 小さじ1

footer

header
① 海苔は細かくちぎり、ぬるま湯に漬けて戻し、ざるで自然に水気をきる。
② ボウルに①とAを加え、海苔酢を作る。
③ そら豆は、皮をむく。
④ 海苔酢にそら豆とホールコーンを加えて混ぜ、器に盛る。
footer

header
カリウムが豊富なそら豆・とうもろこし・海苔は、利尿作用に優れむくみを取る食べ合わせです。食物繊維も豊富に含まれ、腸の働きを整え便秘解消に働きます。カリウムは体内のナトリウムを調整し、血圧を安定させ、そら豆と海苔の豊富なビタミンCが美肌を作ります
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
消化促進に効果がある「煎りそら豆のお茶」
そら豆には胃腸を丈夫にし、消化を高める働きがあります。食べ物を飲み込むことができない時などに、お茶にして飲むと消化を促進するといわれています。
[作り方]
そら豆を皮ごとフライパンに入れ、キツネ色になるまで弱火でじっくり煎る。適量を湯飲みに入れ、熱い湯を注いで飲む。煎じたそら豆は食べてもよい。

むくみに効く「そら豆の煎じ汁」
そら豆のカリウムには利尿効果があり、食物センイがコレステロールの低下に働きます。利尿効果は数年乾燥させたものの方が、効果が高いといわれています。
[作り方]
乾燥したそら豆5gを鍋に入れ、水3カップを加えて火にかけ、半量になるまで弱火で煎じる。一日3~4回に分け、空腹時に飲む。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ