戻る
  • むくみ予防や血圧安定に働く
  • 大豆・とうもろこし・小エビの明太和え
header
「大豆・とうもろこし・小エビの明太和え」の画像
所要時間:
10 分
エネルギー:
96kcal
塩分:
2.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
むくみ、利尿作用、血圧安定、老化防止


材料
食材 (2人分)
大豆(煮たもの) 45g
ホールコーン 30g
小エビ(殻をむいたもの) 15g
明太子 1/2腹(約30g)
ねぎ(小口切り) 少々
マヨネーズ 小さじ1
しょうゆ、塩 各少々

footer

header
① 小エビは熱湯にさっと通し、水気をきる。
② ボウルに明太子の身をこそげ出し、マヨネーズとよく混ぜ合わせる。
③ ②に大豆、ホールコーン、小エビ、ねぎを入れて和え、しょう油と塩で味を調える。
footer

header
大豆に含まれるカリウムやサポニンはコレステロールを洗い流し、血圧安定やむくみ予防に働きます。とうもろこしのカリウムをプラスすると、利尿効果や高血圧予防効果がさらに高まります。大豆ととうもろこしのレシチンや、エビのタウリンが脳細胞を活性化し、老化予防も期待できます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
免疫力を高める「エビの殻の粉末」「カニの殻の粉末」
エビの殻には免疫力を強化するキチン質が含まれています。毎日、服用すると免疫力が高まります。同様にカニの殻にも豊富に含まれているので、無駄なく利用しましょう。
[作り方]
エビの殻はさっと洗い、よく炒めてから粉末にする。フリカケに混ぜたりして、毎日取るようにする。カニの殻も同様にする。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ