戻る
  • とうもろこしの効能が無駄なく取れる
  • 丸ごととうもろこしとアサリのスープ
header
「丸ごととうもろこしとアサリのスープ」の画像
所要時間:
30 分
エネルギー:
45kcal
塩分:
2.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
むくみ、利尿作用、糖尿病、ダイエット


材料
食材 (2人分)
とうもろこし(小) 1/2本(約120g)
アサリ 200g
酒、しょう油、塩 各適量
パセリのみじん切り 少々

footer

header
① とうもろこしは皮をむき、2~3cmの輪切りにする。
② アサリは水の中で殻をこすり合わせるようによく洗う。
③ 鍋に水4カップととうもろこしを入れ、沸騰したら弱火にし、約20分煮る。
④ ③に水気をきったアサリを入れ、中火で煮る。
⑤ アサリの口が開いたら火を弱め、酒・しょう油・塩で味を調える。
⑥ 器に盛り、パセリを散らす。
footer

header
とうもろこしは利尿作用を持つカリウムを豊富に含み、丸ごと利用することで効能を無駄なく取り入れることができます。とうもろこしとアサリを一緒に取ると、アサリの喉の渇きを止めて利尿に働く作用がプラスされ、むくみや水太り解消に有効な食べ合わせになります。糖尿病予防やダイエットも期待できます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
喉の渇きに効く「アサリのスープ」
アサリには利尿作用や胃腸を整える作用があります。喉の渇きを抑える働きもあり、とくに糖尿病による喉の渇きに効果があるといわれています。
[作り方]
アサリはよく砂抜きし、鍋に水と一緒に入れて火にかける。沸騰したら中火にして、しばらく煮る。アサリ250gに対して水3カップを目安とする。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ