戻る
  • セロリの特有な香り成分が精神を安定させる
  • セロリとじゃがいものカレースープ煮
header
「セロリとじゃがいものカレースープ煮」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
102kcal
塩分:
1.7g
※栄養価などは1人分の値。
効能
ストレス、精神安定、疲労回復、血圧安定


材料
食材 (2人分)
セロリ(茎と葉) 1本
じゃがいも 1個
にんにく 1片
オリーブ油 大さじ1/2
スープ 1カップ
A カレー粉 小さじ1/2
塩、こしょう 各適量

footer

header
① セロリは筋を取り、茎は1cm角に切り、葉は粗く刻む。
② じゃがいもは皮をむき、1cm角に切る。
③ にんにくはみじん切りにする。
④ 鍋にオリーブ油とにんにくを入れ、弱火で炒める。
⑤ にんにくの香りが出たら、セロリの茎とじゃがいもを加え、炒める。
⑥ ⑤にスープを入れ、煮立ったら中火で3~4分煮る。
⑦ セロリの葉を加え、Aで味を調え、火を止める。
footer

header
セロリ特有の香りはセダノリッドやセネリンという成分で、精神を安定させる働きを持っています。ビタミンB1を含むじゃがいもと一緒に取り入れることで、イライラや疲労感を予防。血圧降下も期待できるスープ煮です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
便秘に効く「じゃがいものおろし汁」
じゃがいもの絞り汁は昔から慢性的な便秘に効くと伝えられてきました。また、絞り汁を煎じたものは、胃潰瘍の特効薬として知られています。新鮮なじゃがいもを使います。
[作り方]
じゃがいもはよく洗ってから皮をむき、芽もていねいに取り除く。すりおろしてからガーゼで絞る。小さじ2杯を1日2回空腹時に飲む。胃潰瘍の時は絞り汁を黒くなるまで煎じたものを飲む。
※じゃがいもの絞り汁は時間が経つと変色するので、つくり置きはしない。

高血圧やめまいに効く「セロリのしぼり汁」
セロリにはカリウムが多く含まれ、血圧を安定させる効果に優れています。豊富なビタミンがめまいにも効きます。セロリの葉を刻んで布袋に入れ、湯船に浮かべると湯冷めがしにくくなるといわれています。
[作り方]
セロリをすりおろし、ガーゼなどに包んで汁を絞る。同量のはちみつを加えて飲む。1回に大さじ2くらいで、1日3回飲むとよい。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ