戻る
  • 納豆は血圧安定の効果が高い
  • 納豆とマグロのエスニック春巻き
header
「納豆とマグロのエスニック春巻き」の画像
所要時間:
20 分
エネルギー:
274kcal
塩分:
1.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
高血圧、動脈硬化


材料
食材 (2人分)
納豆 90g
マグロ 80g
ワカメ(塩蔵) 10g
ねぎ 15g
春巻きの皮 3枚
レタス 適量
ごま油 適量
A しょう油 小さじ1
大さじ2
砂糖 小さじ1
赤唐辛子 少々
水溶き小麦粉 小麦粉小さじ1:水小さじ2

footer

header
① マグロは細かくたたく。
② ワカメは水で洗い、細かく刻む。
③ ねぎは小口切りにする。
④ ボウルに納豆とねぎを入れてよく混ぜ、マグロとワカメを加えて混ぜ、12等分に分ける。
⑤ 春巻きの皮を4等分にし、④を包み巻く。巻き終りに水溶き小麦粉を付け止める。同じ物を12本作る。
⑥ Aを合わせて調味液を作る。
⑦ フライパンにごま油を熱し、⑤を揚げる。
⑧ 器に盛り、レタスを添える。
footer

header
納豆は牛肉に匹敵する良質なたんぱく質を持ち、カリウム・マグネシウム・カルシウムなどをバランスよく含んだ血圧安定に有効な食べ物です。ワカメに含まれるカリウムやアルギン酸が体内の余分な塩分を体外に排出して高血圧や動脈硬化の予防に働きます。マグロやねぎを加えることで、高血圧の予防効果はさらに高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
ひきはじめの風邪に効く「ねぎの味噌スープ」と「ねぎの絞り汁」
長ねぎに含まれる硫化アリルは、発汗・解熱作用があります。風邪の初期には悪寒がして熱が出ないことが多いので、ねぎの薬効で体内を温め発汗を促します。
[作り方]
●ねぎの味噌スープ
ねぎ1本の白い部分を細かい小口切りにしてカップに入れる。小さじ1の味噌と熱湯を注ぎ、1日数回飲む。
●ねぎの絞り汁ねぎ3本をさっと湯がき、細かく刻む。ガーゼに包んで絞ると黄色い液が取れる。この液を就寝前に飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ