戻る
  • タイとかぶは体を温め冷えを取り除くベストコンビ
  • タイとアナゴのかぶら蒸し
header
「タイとアナゴのかぶら蒸し」の画像
所要時間:
20 分
エネルギー:
111kcal
塩分:
1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
冷え性


材料
食材 (2人分)
タイ(切り身) 100g
アナゴ(蒲焼) 40g
かぶ 2個
銀杏(水煮) 6粒
卵白 1個分
A だし汁 1カップ
みりん 大さじ1/2
しょう油(薄口) 大さじ1/2
水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1:水小さじ2

footer

header
① タイは一口大に切り、塩少々(分量外)を振る。
② アナゴは1cm幅に切る。
③ かぶはよく洗い、皮ごとすりおろし、ざるに入れ自然に水気をきる。
④ ボウルにかぶと卵白を入れ、よく混ぜる。
⑤ 器にタイとアナゴを盛り、銀杏を散らし、④をかける。2つ作る。

⑥ 蒸気の立った蒸し器に⑤を入れ、強火で約10分蒸す。ふたに布きんなどを被せ、水滴が落ちないようにする。
⑦ 鍋にAを入れて煮立て、水溶き片栗粉を回し入れてトロミをつけ餡を作る。
⑧ 蒸しあがったかぶら蒸しに、⑦の餡をかける。
footer

header
タイは高たんぱくで低脂肪な白身魚で、お腹を温め胃腸を整える働きを持っています。かぶも同様に胃腸を温める働きを持っているので、タイとかぶを一緒に取ると、胃腸を温めて冷えを取り除く食べ合わせになります。滋養強壮に優れ内蔵を温める作用のあるアナゴをプラスして、冬の体を内面から温めます。消化吸収力は蒸すと一層高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
声がれに効く「かぶのおろし汁」
声がかれた時にはビタミンCが豊富で、消炎・解毒作用のある食べ物が有効です。かぶの他にいちじくや大根、菊の花、春菊なども効果があります。
[作り方]
かぶはよく洗ってすりおろし、おろし汁をこして飲む。痛みが伴う時は1時間ごとに飲むとよい。1回に飲む量はかぶ1個分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ