戻る
  • エビととうもろこしで生活習慣病を予防する
  • エビとしいたけのクリームコーンスープ
header
「エビとしいたけのクリームコーンスープ 」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
190kcal
塩分:
1.8g
※栄養価などは1人分の値。
効能
脂質異常、糖尿病、老化防止、生活習慣病


材料
食材 (2人分)
エビ 10尾(100g)
しいたけ 2枚
クリームコーン(缶詰) 1カップ
牛乳 1カップ
オリーブ油 大さじ1/2
塩、こしょう 各適量

footer

header
① エビは殻をむき、背ワタを取る。
② しいたけは石づきと軸を取り、かさと軸は細切りにする。
③ 鍋にオリーブ油を熱し、エビとしいたけを入れてさっと炒める。
④ ③にクリームコーンと牛乳を入れ、沸騰させないように中火で約5分煮る。
⑤ 塩、こしょうで味を調える。
footer

header
エビととうもろこしは、生活習慣病や老化防止に有効な食べ合わせです。エビの甘み成分のベタインやうまみ成分のタウリンは、血中コレステロールを低下させて糖の吸収を阻害する働きを持っており、とうもろこしのリノール酸と一緒に脂質異常や糖尿病の予防に有効に働きます。とうもろこしのカリウムは血圧を下げ、食物繊維は便秘予防に有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
免疫力を高める「エビの殻の粉末」「カニの殻の粉末」
エビの殻には免疫力を強化するキチン質が含まれています。毎日、服用すると免疫力が高まります。同様にカニの殻にも豊富に含まれているので、無駄なく利用しましょう。
[作り方]
エビの殻はさっと洗い、よく炒めてから粉末にする。フリカケに混ぜたりして、毎日取るようにする。カニの殻も同様にする。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ