戻る
  • 脂質異常や動脈硬化の予防に働く
  • ぶどうとホタテ貝柱のヒジキマリネ
header
「ぶどうとホタテ貝柱のヒジキマリネ 」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
134kcal
塩分:
1.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
脂質異常、動脈硬化、疲労回復、便秘、コレステロール低下


材料
食材 (2人分)
ぶどう(巨峰) 10粒
ホタテ貝柱 3個
ヒジキ(乾物) 5g
A オリーブ油 大さじ2
ワインビネガー 大さじ2
塩、こしょう 各少々

footer

header
① ぶどうは皮をむき、包丁目を入れ、種を爪楊枝で取り出す。


② ヒジキは水で戻し、さっと熱湯で茹でて水気をきり、食べやすい長さに切る。
③ ホタテ貝柱は厚みを2~3等分に切る。
④ Aの材料をよく混ぜ合わせ、マリネ液を作る。
⑤ マリネ液に先にヒジキを漬ける(2~3分)。
⑥ ⑤にぶどうとホタテ貝柱を加え、混ぜる。
footer

header
ぶどうの主成分のブドウ糖は体内に吸収されやすく、即エネルギーとして変換されるため、体や脳の機能を高め即効性の疲労回復に有効です。ぶどうの食物繊維のペクチンとヒジキの食物繊維が、腸内環境を整えて便秘を解消し、コレステロール低下に働きます。さらにホタテに含まれるタウリンが血中コレステロール低下に働くため、ぶどう・ホタテ貝柱・ヒジキは、脂質異常や動脈硬化の予防に優れた食べ合わせになります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
貧血やイライラに効く「ひじき煮」
ひじきには鉄分やカルシウムを始めとするミネラル類が多く含まれています。日常的に取ることで、貧血や精神安定に効果的です。ひじきとれんこんの煮付けは咳に効くといわれています。
[作り方]
水洗いしたひじきを好みの調味料で煮る。適量を食事の時に食べる。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ