戻る
  • 疲労回復に効果を発揮
  • カツオとチーズの生春巻き
header
「カツオとチーズの生春巻き」の画像
所要時間:
20 ~ 25 分
エネルギー:
95kcal
塩分:
1.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
夏バテ、疲労回復、食欲増進


材料
食材 (4本分)
カツオ(刺身用) 長さ9~10cmで1cm角のもの4本
プロセスチーズ 1cm厚さのもの1枚
青じそ 4枚
白髪ねぎ 適量
梅干 1個
ライスペーパー 4枚
酢醤油 適量

footer

header
① プロセスチーズは4等分に切る。
② 梅干は種を取り、果肉を包丁で細かく叩く。
③ ライスペーパーをぬるま湯に2分位漬ける。

④ キッチンペーパーの上に、ぬるま湯から取り出したライスペーパーをのせる。

⑤ ライスペーパーの手前部分に青じそをのせ、上に梅肉を塗り、カツオ、プロセスチーズ、白髪ねぎをのせ、手前・左右の順に折り、クルクルと巻く。



⑥ 半分に切って器に盛り、酢醤油を添える。
footer

header
ビタミンB1を含むカツオとビタミンB2を含むプロセスチーズは、疲れやすい体を元気にしてくれる食材です。青じそや白髪ねぎの硫化アリルがビタミンB群の吸収を高め、疲労回復力が高まります。米粉が主原料のライスペーパーは、ビタミンB群やクエン酸の働きで有効なエネルギーに変換され、体力を強化して疲労回復力をさらに高めます。梅干のクエン酸が食欲増進に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
ひきはじめの風邪に効く「ねぎの味噌スープ」と「ねぎの絞り汁」
長ねぎに含まれる硫化アリルは、発汗・解熱作用があります。風邪の初期には悪寒がして熱が出ないことが多いので、ねぎの薬効で体内を温め発汗を促します。
[作り方]
●ねぎの味噌スープ
ねぎ1本の白い部分を細かい小口切りにしてカップに入れる。小さじ1の味噌と熱湯を注ぎ、1日数回飲む。
●ねぎの絞り汁ねぎ3本をさっと湯がき、細かく刻む。ガーゼに包んで絞ると黄色い液が取れる。この液を就寝前に飲む。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ