戻る
  • 早春ならではのほどよい苦み
  • ふき味噌
header
「ふき味噌」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
(ふきのとうを水に漬ける時間は除く)
エネルギー:
94kcal
塩分:
2.2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
花粉症


材料
食材 (2人分)
ふきのとう 100g(小粒8個くらい)
味噌(できれば2~3種類をブレンドして) 70g
大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ3
サラダ油 少々

footer

header
① ふきのとうは、周りの黒ずんだ葉や根元を取り除く。

② 半分に切り、たっぷりの水に2時間くらい漬けてアクを抜く。途中水が黒ずむので、新しい水に変える。

③ 水気をきったふきのとうを、みじん切りにする。

④ 鍋にサラダ油を熱し、味噌、酒、みりん、砂糖を入れて、弱火でよく練る。


⑤ ④の合わせ味噌がトロリとしてなめらかになってきたら、刻んだふきのとうを加え、3~4分弱火でよく練り合わせる。


footer

header
ふきのとうと甘味噌を練り合わせて作るふき味噌は、ほどよい苦みを持ったこの季節ならではの一品です。ふきのとうの特有の苦みはフキノール酸やケンフェノールなどのポリフェノール類で、フキノール酸は、血中ヒスタミンの働きを抑え、花粉症に効果があるといわれています。黒ずむのは豊富に含まれているポリフェノールのため。冷蔵庫に入れておけば、約1ヶ月は保存が可能です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
食欲不振に効く「ふきのとう煎じ汁」
ふきのとうの特有の香りと苦みには、食欲を増進させる効果があり、消化を高める働きももっています。
[作り方]
鍋にふきのとう30gと水3カップを入れて火にかけ、半量になるまで弱火で煎じる。一日数回に分けて飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ