戻る
  • 温性のかぼちゃと鮭で、粘膜を強化する
  • かぼちゃと鮭のお粥
header
「かぼちゃと鮭のお粥」の画像
所要時間:
25 ~ 30 分
(米を漬ける時間は除く)
エネルギー:
196kcal
塩分:
0.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
粘膜強化、風邪、冷え性、美肌


材料
食材 (2人分)
白米 1/3カップ
3と1/2カップ
かぼちゃ 100g
塩鮭 1切れ
薬味 しょうがの細切り、青じその細切り 適量

footer

header
① 白米を洗い、鍋に分量の水と一緒に入れ、3~4時間置く(できれば一晩)。
② かぼちゃは1cm角に切る。
③ 鮭は皮を取り、薄いそぎ切りにする。
④ ①を中火にかけ、煮立ったら弱火にして、ふたを少しずらしてのせ、10~15分コトコト炊く。
⑤ ④にかぼちゃと鮭を加え、さらに10分コトコト煮る。
footer

header
β-カロテンが豊富なかぼちゃは、体を温めて血流をよくする温性の野菜です。同様に鮭はビタミンAが豊富な温性の魚。かぼちゃと鮭を炊き込んだお粥は、粘膜を強化して消化吸収能力を高め、風邪の予防に働きます。かぼちゃのβ-カロテンは鮭の脂質で吸収率が高められ、眼に栄養を与え皮膚を健康に保ちます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
低血圧や貧血に効果のある「かぼちゃの種」
かぼちゃは種にも栄養があります。かぼちゃの種は、高たんぱく、高エネルギー、そしてミネラルも豊富なので、低血圧症や貧血の方にオススメしたい食材です。
[作り方]
かぼちゃの種は水できれいに洗って天日干しにする。よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒る。好みで塩などを振るとおいしい。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ