戻る
  • 梅干と青じそで、疲れた胃腸を元気にする
  • 梅干と青じそのお粥
header
「梅干と青じそのお粥」の画像
所要時間:
25 ~ 30 分
(米を漬ける時間は除く)
エネルギー:
148kcal
塩分:
2.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
食欲増進、疲労回復


材料
食材 (2人分)
白米 1/2カップ
3と1/2カップ
梅干(大) 2個
青じそ 3枚
薬味(野沢菜) 適量

footer

header
① 白米を洗い、鍋に分量の水と一緒に入れ、3~4時間置く(できれば一晩)。
② 梅干はタネを取り、果肉を包丁でたたく。
③ 青じそは細切りにする。
④ ①を中火にかけ、煮立ったら弱火にして、ふたを少しずらしてのせ、20~25分コトコト炊き白粥を作る。
⑤ ③を塩で味を調え、梅干と青じそを飾る。
footer

header
梅干の有機酸は胃の中で胃酸の代役を果たすため、食欲を増進させて胃腸の働きをよくする作用を持っています。疲れを回復する効果にも優れ、疲れた胃をいたわり食欲不振を防ぎます。青じそも梅干し同様の働きがあり、梅干しと青じそを一緒に取ると、胃腸の働きが高まり食欲増進に有効な食べ合わせになります。青じその抗菌作用は細かく切るほど高まります。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ