戻る
  • 豚肉とパイナップルのビタミンB群が夏バテ予防に効果を発揮
  • 豚バラ肉のパイナップル甘酢漬け
header
「豚バラ肉のパイナップル甘酢漬け」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
((豚バラ肉を漬けている時間は除く))
エネルギー:
524kcal
塩分:
2.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
夏バテ、疲労回復


材料
食材 (2人分)
豚バラ肉(薄切り) 200g
パイナップル(缶詰) 輪切り5枚
きゅうり 1本
パプリカ(赤) 1/2個
にんにく、しょうが 各1片
片栗粉 適量
A パイナップルの缶汁 100CC
しょう油 1と1/2
大さじ2
大さじ1/2
砂糖 少々

footer

header
① にんにくとしょうがはすりおろす。
② 豚バラ肉は半分に切り、①としょう油大さじ1(分量外)に漬ける。30分くらい。
③ パイナップルは一口大に切る。きゅうりは5mm幅の斜め切りにする。パプリカは細切りにする。
④ フライパンにオリーブ油を熱し、片栗粉をまぶした豚バラ肉をカラッと揚げる。
⑤ 容器に豚バラ肉、パイナップル、きゅうり、パプリカを入れ、Aを回しかけ、味をなじませる(⇒写真)。
footer

header
パイナップルのクエン酸は胃液の分泌を盛んにして、消化吸収を高める働きを持っています。豚肉とパイナップルはともにビタミンB1、B2を豊富に含んでいるため、一緒に取ると疲れを取り夏バテ予防に最適な食べ合わせになります。きゅうりとパプリカでビタミンCを補い、にんにく・しょうがでビタミンB1の吸収を高めます。バラ肉には皮膚病や血栓を予防するナイアシンが豊富に含まれています。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
あせもを治す「きゅうりの切り口」
きゅうりに含まれる苦みが、ひどいあせもも治します。
[作り方]
きゅうりの切り口に塩をつけて、あせもの部分をこする。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ