戻る
  • ビタミンCと食物繊維で肌荒れ解消
  • だまこ鍋
header
「だまこ鍋 (野菜がメイン)」の画像
所要時間:
エネルギー:
412kcal
塩分:
2.6g
※栄養価などは1人分の値。
効能
美肌、乾燥肌、便秘


材料
食材 (2人分)
ごはん 茶碗2杯分
すりごま(白) 大さじ2
白菜ロール 白菜(大) 1枚
ほうれん草 2株
鶏ササミ肉 1本
干ししいたけ 2個
ごぼう 1/2本
A スープ(干ししいたけの戻し汁を加えて) 3カップ
大さじ2
しょう油 大さじ2
薬味 ねぎ、ごまなど好みのもの

footer

header
① ごはんは熱い内にすりごまを入れてすりこぎでよくつぶし、手に塩水(分量外)をつけて、小さく丸めだまこをつくる。
② 鶏ササミ肉は縦に細く切る。
③ 白菜とほうれん草は熱湯でさっと茹で、ほうれん草は水に放し水気を絞る。
④ 白菜を広げ、上にほうれん草と鶏ササミ肉をのせ、手前からクルクルと巻く。3cm幅に切る。
⑤ 干ししいたけはたっぷりの水で戻し、石づきと軸を取り、細切りにする。軸部分も細く切る。
⑥ ごぼうは皮をこそげ、ささがきにし、水に放す。
⑦ 鍋にAと④、⑤、⑥を入れて火にかけ、沸騰したらアクを取り、中火にして①を加える。
⑧ だまこに火が通ったら出来上がり。
⑨ 器に盛り、薬味を添えていただく。
footer

header
だまことはつぶしたごはんを直径3㎝くらいに丸めたもので、だまこを入れた「だまこ鍋」は秋田県の郷土料理です。消化のよい鶏ササミ肉とほうれん草を白菜で巻くと、ビタミンA・ビタミンCが豊富に取れ、ごぼうのセルロースやリグニンなどの食物繊維が加わることで整腸作用が整い肌荒れ予防が高まる食べ合わせになります。ごまのビタミンEが老化防止効果をさらに高めます。
footer
header
●鍋が残ったら…
だまこをくずして溶き卵を流し入れ、卵雑炊にするとおいしい。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

喉の痛みを緩和する「ごぼうのおろし汁」
ごぼうに含まれるタンニンは消炎作用や抗菌作用を持っています。おろした絞り汁にはタンニンの効能が豊富に含まれており、煎じたものでうがいをすると、口内炎にも効果があります。
[作り方]
ごぼうはよく洗い、皮付きのままおろす。ガーゼなどに包んで絞り、絞った汁を1日3回飲む。1回分は大さじ1くらいでよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ