戻る
  • 豊富なレシチンが脳細胞を活性化する
  • 信田入り味噌鍋
header
「信田入り味噌鍋 (野菜がメイン)」の画像
所要時間:
エネルギー:
503kcal
塩分:
4.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
脳の活性化、健脳、胃腸強化


材料
食材 (2人分)
油揚げ 2枚
A 豆腐(よく水切りする) 1/3丁
プロセスチーズ 1cm厚さ1枚
にんじん(みじん切り) 大さじ1
かんぴょう(水で戻しておく) 10~15cm長さのもの4本
もやし 1/2袋
たまねぎ 1個
かぶ 2個
B だし汁 3カップ
味噌 大さじ3と1/2
薬味 ねぎ、七味唐辛子など好みのもの

footer

header
① 油揚げは端から菜箸をころがして開きやすくし、熱湯を回しかけて油抜きをし、半分に切る。
② チーズは縦4等分に切る。
③ ①にAを詰め、口をかんぴょうで縛る。
④ もやしは水で洗い、水気を切る。
⑤ たまねぎは縦半分に切り、1cm幅に切る。
⑥ かぶは茎の部分を2cm残して皮をむき、縦半分に切り、1cm幅に切る。
⑦ 鍋にBと②、③、④、⑤を入れ煮る。
⑧ 具が煮えたら出来上がり。
⑨ 器に盛り、薬味を添える。
footer

header
油揚げ・納豆・豆腐・味噌の原材料である大豆は、「畑の肉」と呼ばれるように良質なたんぱく質と脂質、ビタミンE、レシチンなどを含んでいます。ビタミンEは脂肪の酸化を予防し、レシチンは脳細胞活性化に働きます。チーズを補うことで健脳効果がさらに高まり、かぶのアミラーゼが胃腸を整えます。
footer
header
●鍋が残ったら…
茹でたうどんを入れて煮込みうどんにするとおいしい。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
声がれに効く「かぶのおろし汁」
声がかれた時にはビタミンCが豊富で、消炎・解毒作用のある食べ物が有効です。かぶの他にいちじくや大根、菊の花、春菊なども効果があります。
[作り方]
かぶはよく洗ってすりおろし、おろし汁をこして飲む。痛みが伴う時は1時間ごとに飲むとよい。1回に飲む量はかぶ1個分。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く