戻る
  • 血中コレステロール値を下げる
  • タコのマリネ
header
「タコのマリネ」の画像
所要時間:
15 分
(マリネ液に漬ける時間は除く)
エネルギー:
149kcal
塩分:
1.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
ダイエット、コレステロール低下、抗酸化力


材料
食材 (2人分)
タコ(ゆでたもの) 70g
とうもろこし(実) 20g
セロリ 35g(長さ5cm)
にんじん 30g(長さ5cm)
A オリーブ油 1/8カップ
レモン汁 1/8個分
しょう油 小さじ1/2
小さじ1/6
こしょう 少々
ローリエ 1枚

footer

header
① タコは一口大の薄い削ぎ切りにする。
② セロリは筋を取り、1cm幅の薄切りにする。
③ にんじんは1cm幅の薄切りにする。
④ ボウルにAを入れてよく攪拌し、セロリ、にんじん、タコ、とうもろこしを加えて漬ける。※一晩漬けて味を馴染ませるとよい。
footer

header
タコは高たんぱくで低脂肪、さらに消化に時間がかかることから、ダイエットの補助食品として人気があります。血中コレステロール値を下げる働きを持っており、とうもろこしやセロリと一緒に取ると、その効果がさらに高まります。カロテンが豊富なにんじんをプラスすることで、抗酸化力を高め、冷え性改善も期待できます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
暗視野能力を高める「干しダコ」
タコに含まれる遊離アミノ酸のタウリンには、視力障害を改善する効能があります。また、暗い所でもよく物が見えるようになる働きがあるといわれ、江戸時代の忍者が闇の中での訓練時に愛食したといわれています。
[作り方]
タコは薄くスライスし、天日でよく干し、乾燥させる。適量を口に入れ、よく噛みながら食べる。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

高血圧やめまいに効く「セロリのしぼり汁」
セロリにはカリウムが多く含まれ、血圧を安定させる効果に優れています。豊富なビタミンがめまいにも効きます。セロリの葉を刻んで布袋に入れ、湯船に浮かべると湯冷めがしにくくなるといわれています。
[作り方]
セロリをすりおろし、ガーゼなどに包んで汁を絞る。同量のはちみつを加えて飲む。1回に大さじ2くらいで、1日3回飲むとよい。

05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く