戻る
  • 特有の香り成分が精神安定に働く
  • セロリのきんぴら
header
所要時間:
15 分
エネルギー:
117kcal
塩分:
1.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
ストレス、精神安定、抗酸化力


材料
食材 (2人分)
セロリ 1本
にんじん 1/4本
唐辛子(小) 1/2本
くるみ 5g
オリーブ油 大さじ1
調味液 だし汁 大さじ2
しょう油 大さじ1弱
砂糖 小さじ1
みりん 小さじ2

footer

header
① セロリは葉と茎に分ける。茎は筋を取り、5cm長さの拍子切りにする。にんじんは5cm長さの細切りにする。
② 唐辛子は種を取って小口切りにしオリーブ油で炒める。香りが出たらにんじん、セロリの順に炒める。
③ 調味液を入れ炒め煮する。
④ くるみを加え、さっとひと混ぜし火を止める。
footer

header
セロリ特有の香り成分であるセダノリッドやセネリンは、ストレスによる精神不安や不眠、頭痛などの症状を緩和する働きを持っています。食欲を増進させる働きにも優れ、食物繊維やカリウムを豊富に含み、さらに低カロリーなので、整腸作用・血圧安定・肥満予防などに有効です。にんじんのカロテンが抗酸化力を高め、くるみのビタミンEやリノール酸が血管や細胞の若さ維持に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

高血圧やめまいに効く「セロリのしぼり汁」
セロリにはカリウムが多く含まれ、血圧を安定させる効果に優れています。豊富なビタミンがめまいにも効きます。セロリの葉を刻んで布袋に入れ、湯船に浮かべると湯冷めがしにくくなるといわれています。
[作り方]
セロリをすりおろし、ガーゼなどに包んで汁を絞る。同量のはちみつを加えて飲む。1回に大さじ2くらいで、1日3回飲むとよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ