戻る
  • 皮膚や呼吸器系の粘膜強化に働く
  • おろしにんじんと紅鮭の炊き込みごはん
header
所要時間:
50 分
エネルギー:
335kcal
塩分:
0.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
粘膜強化、風邪


材料
食材 (2人分)
にんじん 40g
紅鮭(切り身) 1切れ
胚芽米 1カップ

footer

header
① 米は洗ってから分量の水に漬ける。
② 炊飯器にすりおろしたにんじんを入れ、静かによく混ぜる。
③ 紅鮭をのせ、炊く。
④ 炊き上がったら紅鮭を取り出し、皮と骨を取り除き、身をほぐす。
⑤ 紅鮭を炊飯器に戻し、サックリ混ぜ、器に盛る。
footer

header
にんじんはβ‐カロテンが豊富な緑黄色野菜で、鮭は良質な不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)を豊富に含む魚です。にんじんのβ‐カロテンは、油と一緒に調理すると吸収力が高まるので、鮭と一緒に炊き込むと、皮膚や呼吸器系の粘膜が強化されて抵抗力が高まり、風邪予防にも有効な食べ合わせになります。鮭の良質な脂質を無駄なく取り入れるには、炊き込みや煮物が一番有効な調理法です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ