戻る
  • 血糖値や血圧安定に有効
  • 蒸しなすとトマトの合わせ醤油和え
header
「蒸しなすとトマトの合わせ醤油和え」の画像
所要時間:
10 分
エネルギー:
68kcal
塩分:
2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
高血圧、糖尿病、抗酸化力


材料
食材 (2人分)
なす 3個
トマト 1/2個
ホールコーン 大さじ1
A しょう油 大さじ1と1/2
小さじ2と1/2
砂糖 少々
にんにくのみじん切り 小さじ1/2
ごま油 小さじ1

footer

header
① なすはヘタを取り、蒸気の立った蒸し器に入れ、竹串がすっと通る位まで蒸し(目安は7~8分)、ざるに広げて冷ます。
② トマトは薄切りにする。
③ ボウルにAを入れてよく混ぜ、合わせ醤油を作る。
④ なすを細かく縦に割き、器に並べる。
⑤ トマトの薄切りを添え、ホールコーンを散らし、合わせ醤油を回しかける。
footer

header
なすの優れた効能は、皮に含まれるナスニンという成分が持つ抗酸化作用です。悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の予防に働きます。また、実に含まれるフラボノイドには毛細血管を丈夫にする働きがあります。トマトと一緒に取ると、血糖値や血圧安定に有効な食べ合わせになり、蒸すことで体を冷やす作用が和らぎます。トマトのリコピンやにんにくのセレンが抗酸化力を高め、抗がん作用に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
歯痛を治す「なすのヘタの黒焼き」
ビタミンCやPを含むなすは、口内炎や歯痛、歯槽膿漏の予防に効果があります。
[作り方]
アルミホイルになすのヘタを並べ、オーブンで炭になるまで黒焼きにする。冷えたらすり鉢でよくすり潰し、同量の自然塩を加えてよく混ぜ合わせる。歯痛の部分にこすりつける。歯茎につけてこすると、歯槽膿漏の予防になる。

利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があります。
[作り方]
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むとよい。

05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く