戻る
  • 高血圧や動脈硬化、骨粗鬆症も予防できる
  • ヒジキと豆腐の煮物
header
「ヒジキと豆腐の煮物」の画像
所要時間:
25 分
エネルギー:
149kcal
塩分:
2g
※栄養価などは1人分の値。
効能
生活習慣病、骨粗鬆症


材料
食材 (2人分)
ヒジキ(乾物) 10g※生ヒジキの場合は約90g
豆腐 1/2丁(150g)
にんじん 5cm長さ25g
いんげん 2本
オリーブ油 大さじ1
A だし汁 1/4カップ
砂糖 大さじ1
大さじ1
しょう油 小さじ4

footer

header
① ヒジキは所定の時間水に漬けて戻し、揉み洗いして砂や汚れを落とし、水気をよくきる。
② 豆腐は熱湯にさっと通し、布きんに包んで水気を絞る。
③ にんじんは細切りにする。
④ いんげんは筋を取って熱湯でさっと茹で、斜め細切りにする。
⑤ 鍋にオリーブ油を熱し、ヒジキとにんじんを炒め、Aを加え、落としぶたをして弱火で煮る。
⑥ ヒジキが煮えたら豆腐を加え、汁気がなくなる直前にいんげんを入れ、さっと煮る。
footer

header
ヒジキはミネラルやビタミンが豊富な海藻です。豆腐と一緒に取ると、豆腐に含まれているレシチン・サポニン・リノール酸などの効能で、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防に有効な食べ合わせになります。ヒジキ・豆腐・にんじんに含まれる豊富なカルシウムが骨粗鬆症の予防に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
貧血やイライラに効く「ひじき煮」
ひじきには鉄分やカルシウムを始めとするミネラル類が多く含まれています。日常的に取ることで、貧血や精神安定に効果的です。ひじきとれんこんの煮付けは咳に効くといわれています。
[作り方]
水洗いしたひじきを好みの調味料で煮る。適量を食事の時に食べる。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ