戻る
  • 体力強化、がん予防も高まる
  • 鮭+かぶ+にんじん※トッピング:イクラ
header
「鮭+かぶ+にんじん※トッピング:イクラ」の画像
所要時間:
15 ~ 20 分
エネルギー:
292kcal
塩分:
2.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
体力強化、抗がん


材料
食材 (2人分)
もち 2個
鮭(切り身 1切れ
かぶ 1個
にんじん 1/3本
イクラ 大さじ2
だし汁 4カップ
白味噌 50g

footer

header
① 鮭は4等分にする。
② かぶは茎の部分を1cm残して葉を切り落とし、皮をむき、半分に切り5mm幅に切る。
③ にんじんは皮をむき、5mm厚さの輪切りにする。
④ 鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰したら①、②、③を入れ、中火にして煮る。
⑤ 具がやわらかくなったらもちを入れ、弱火で煮る。
⑥ もちがやわらかくなったら、白味噌を溶き入れ、火を止める。
⑦ 器に盛り、イクラを飾る。
footer

header
鮭もかぶもともに胃腸を温め、体力を強化する食材で、さらに抗がん物質を含有しています。にんじんのβ―カロテンがプラスされ、がん予防効果が高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
声がれに効く「かぶのおろし汁」
声がかれた時にはビタミンCが豊富で、消炎・解毒作用のある食べ物が有効です。かぶの他にいちじくや大根、菊の花、春菊なども効果があります。
[作り方]
かぶはよく洗ってすりおろし、おろし汁をこして飲む。痛みが伴う時は1時間ごとに飲むとよい。1回に飲む量はかぶ1個分。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ