戻る
  • かぼちゃの栄養成分が体力を強化し、抗がんに働く
  • かぼちゃ煮
header
「かぼちゃ煮」の画像
所要時間:
30 分
エネルギー:
149kcal
塩分:
1.6g
※栄養価などは1人分の値。
効能
風邪、体力強化、抗がん、便秘


材料
食材 (3~4人分)
かぼちゃ 500g
A 1と1/2カップ
砂糖 大さじ4
みりん 大さじ1
小さじ1
しょう油 大さじ1/2

footer

header
① かぼちゃは一口大に切り、皮部分を所々むく。

② 塩をまぶして約5分おき塩を溶かす。

③ 鍋にかぼちゃが重ならないように並べ入れ、Aを入れて火にかける。煮立ったら弱火にし、落としぶたをしてやわらかくなるまで煮る。

④ 仕上げにしょう油を回し入れ、1~2分煮て火を止め、そのまま味を含ませる。
footer

header
かぼちゃはβ-カロテンやビタミンCが豊富な野菜です。現在と違って食糧の乏しかった時代、本格的な寒さの中で風邪を予防し体力を強化するために、保存の効くかぼちゃは貴重品でした。β-カロテンは活性酸素を除去する働きに優れており、ビタミンCと一緒にがんや生活習慣病の予防に有効に働きます。豊富な食物繊維がコレステロール除去や便秘を予防し、体を温めて胃腸を丈夫にする作用があるため、体力強化が期待できます。夏が旬のかぼちゃを、冬至に備えて保存しておきます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
低血圧や貧血に効果のある「かぼちゃの種」
かぼちゃは種にも栄養があります。かぼちゃの種は、高たんぱく、高エネルギー、そしてミネラルも豊富なので、低血圧症や貧血の方にオススメしたい食材です。
[作り方]
かぼちゃの種は水できれいに洗って天日干しにする。よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒る。好みで塩などを振るとおいしい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ