戻る
  • イライラ解消やうつ症状の緩和にも有効
  • サバとヒジキの炊き込みごはん
header
「サバとヒジキの炊き込みごはん」の画像
所要時間:
60 分
(米を水に漬ける時間は除く)
エネルギー:
642kcal
塩分:
1.7g
※栄養価などは1人分の値。
効能
自立神経、ストレス、うつ


材料
食材 (2人分)
サバ 半身
生ヒジキ 25g
しょうが 1片
胚芽米 1.5カップ
松の実(ごまでもよい) 大さじ1
A しょう油 大さじ1
大さじ1
みりん 大さじ1

footer

header
① 胚芽米はよく研ぎ、Aを入れて分量の水加減にし、できれば一晩置く。
② サバをこんがり焼く。
③ ヒジキはよく洗い、水気をきる。長いようだったら短く切る。
④ しょうがは皮をこそげ、細切りにする。
⑤ ①に焼いたサバ、ヒジキ、しょうがを入れ、炊く。
⑥ 炊き上がったらサバを取り出して身をほぐし、炊飯器に戻してサックリ混ぜる。
⑦ 器に盛り、松の実を散らす。
footer

header
胚芽米にサバとヒジキを加えて作る炊き込みご飯は、胚芽米のビタミンB1、サバの良質なたんぱく質やビタミンB群、ヒジキのカルシウムやマグネシウムの働きで、自律神経失調症の症状緩和に有効な食べ合わせになります。イライラ解消やうつ症状の緩和にも有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
貧血やイライラに効く「ひじき煮」
ひじきには鉄分やカルシウムを始めとするミネラル類が多く含まれています。日常的に取ることで、貧血や精神安定に効果的です。ひじきとれんこんの煮付けは咳に効くといわれています。
[作り方]
水洗いしたひじきを好みの調味料で煮る。適量を食事の時に食べる。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ