戻る
  • 豊富なβ-カロテンが粘膜を強化し、風邪予防に働く
  • かぼちゃとにんじんのミルクスープ
header
「かぼちゃとにんじんのミルクスープ」の画像
所要時間:
20 分
エネルギー:
136kcal
塩分:
0.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
風邪、抗がん作用、虚弱


材料
食材 (2人分)
かぼちゃ 100g
にんじん 20g
牛乳 1カップ
パセリのみじん切り、生クリーム 各適量

footer

header
① かぼちゃは小さめに切り、皮ごとやわらかく煮る。
② にんじんは皮をこそげ、小さく切り、やわらかく煮る。
③ ミキサーにかぼちゃ、にんじん、牛乳半量を入れ、攪拌する。
④ 鍋に②を入れ、残り半量の牛乳を加えて中火にかける。
⑤ 煮立ったら塩、こしょうで味を調える。
⑥ 器に盛り、パセリのみじん切りを散らし、生クリームを添える。
footer

header
かぼちゃとにんじんは抗酸化力が高く、抗がん作用に優れた緑黄色野菜です。豊富なβ‐カロテンが粘膜強化に働くため、風邪の予防に有効。栄養価に優れ消化のよい牛乳と一緒に取ると、虚弱体質が改善され、発熱時の優れた栄養補給源となる食べ合わせになります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
低血圧や貧血に効果のある「かぼちゃの種」
かぼちゃは種にも栄養があります。かぼちゃの種は、高たんぱく、高エネルギー、そしてミネラルも豊富なので、低血圧症や貧血の方にオススメしたい食材です。
[作り方]
かぼちゃの種は水できれいに洗って天日干しにする。よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒る。好みで塩などを振るとおいしい。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ