戻る
  • しいたけと麩で免疫力を高める
  • しいたけとお麩のシラス入り卵とじ
header
「しいたけとお麩のシラス入り卵とじ」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
116kcal
塩分:
1.9g
※栄養価などは1人分の値。
効能
ぜんそく、免疫力


材料
食材 (2人分)
しいたけ 4個(60g)
焼麩(どんな種類でもよい) 15g
卵(大) 1個
シラス干し 大さじ1~2
三つ葉 2~3本
だし汁 1カップ
みりん 大さじ1
しょう油 小さじ1
少々

footer

header
① しいたけは石づきと軸を取り、かさ部分は4~5等分の細切りにし、軸は細切りにする。
② 焼き麩は水に漬けてやわらかく戻し、両手に挟んで水気をきる。大きさによって食べやすい大きさに切る。
③ シラス干しはザルに入れ、さっと水洗いをして水気をきる。
④ 三つ葉は2~3cm長さに切る。
⑤ 鍋にAを煮立て、焼き麩を入れて弱火で2~3分に煮る。
⑥ しいたけとシラス干しを加え、味がしみるまで弱火で煮る。
⑦ ⑥によく溶いた卵液を流し入れ、三つ葉を散らし、火を止めてふたをする。
footer

header
しいたけは強力な抗ウイルス・抗がん作用を持ち、造血作用に働くビタミンB12、造骨作用に働くビタミンDを含有し、免疫力調整に働くきのこです。麩は小麦粉を原料に作られる消化吸収に優れた栄養食品で、小麦グルテンに含まれるグルタミンには免疫機能の低下を防ぐ働きがあります。そのため、しいたけと麩を一緒に取ると、免疫力が高まる食べ合わせになります。卵でビタミンA・E、シラス干しで食物繊維をプラスして、炎症抑制効果を高めます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ