戻る
  • 血管壁のコレステロール沈着が予防される
  • アジのマスタード焼き
header
「アジのマスタード焼き」の画像
所要時間:
25 分
エネルギー:
127kcal
塩分:
2.1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
脂質異常、動脈硬化


材料
食材 (2人分)
アジ 1尾(150g)
生しいたけ 1個(15g)
たまねぎ 60g
ごぼう 15g
A 粒マスタード 大さじと1と1/2
ウスターソース 大さじ2
B パン粉 大さじ2
パセリのみじん切り 小さじ1
バター 3g

footer

header
①アジは頭、内臓、ゼイゴ、エラを取って三枚におろし、腹骨をすき取り、1cm幅の削ぎ切りにする。
②アジの水気をよく拭き取り、Aに漬ける。
③しいたけは石づきを取り、細切りにする。
④たまねぎは細切りにする。
⑤ごぼうは皮をこそげ、ささがきにし、水に放してから水気をきる。
⑥耐熱容器に漬け汁を落としたアジを並べ入れる。
⑦アジの漬け汁にしいたけ、たまねぎ、ごぼうを入れて汁にからませ、アジの上にのせる。
⑧⑦にBを振りかけ、小さく切ったバターを散らし、230℃に熱したオーブンで約10分焼く。※焼き具合は使用しているオーブンにあわせてください。
footer

header
アジは特有のクセのないうまみ成分を持つ青魚です。良質のたんぱく質や不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)を豊富に含んでいるため、食物繊維の豊富なしいたけやごぼうと一緒に取ると、血管壁のコレステロールの沈着が予防され、高LDLコレステロール(悪玉コレステロール)血症予防に有効な食べ合せになります。アジに含まれるタウリンは動脈硬化予防にも有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

喉の痛みを緩和する「ごぼうのおろし汁」
ごぼうに含まれるタンニンは消炎作用や抗菌作用を持っています。おろした絞り汁にはタンニンの効能が豊富に含まれており、煎じたものでうがいをすると、口内炎にも効果があります。
[作り方]
ごぼうはよく洗い、皮付きのままおろす。ガーゼなどに包んで絞り、絞った汁を1日3回飲む。1回分は大さじ1くらいでよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ