戻る
  • 心臓病の予防に優れている
  • アジとイカのらっきょう和え
header
「アジとイカのらっきょう和え」の画像
所要時間:
15 分
エネルギー:
82kcal
塩分:
1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
動脈硬化、脂質異常、心筋梗塞


材料
食材
アジ 1尾(150g)
イカ(刺身用) 60g
しょうが 1/2片
青じそ 2枚
らっきょう(甘酢) 20g
わさび、しょう油 各適量

footer

header
①アジは頭と内臓を取り、三枚におろして皮をむき、5mm幅に切る。
②イカは細切りにする。
③らっきょうは薄切りにする。
④しょうがは皮をこそげ細切りにする。
⑤青じそは細切りにする。
⑥ボウルにアジ、イカ、らっきょう、しょうが、青じそを入れ和える。
⑦器に盛り、わさびとしょう油を添える。
footer

header
アジは多価不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)を、イカは遊離アミノ酸の一種であるタウリンを豊富に含んでいます。EPAもタウリンもともに血中コレステロールを下げて中性脂肪を減らす働きに優れているため、アジとイカを一緒に取ると、動脈硬化や脂質異常の予防に有効な食べ合わせになります。しょうが・青じそ・らっきょうがその働きをさらに高め、心臓病の予防にも優れた効果を発揮します。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
腹痛に効果がある「らっきょうの煎じ汁」
らっきょうには食欲を増進させ胃のもたれを解消する働きがあります。また食物センイが腸の働きを整え、冷えによる腹痛を鎮める働きを持っています。
[作り方]
生らっきょうは根を切り落とし、水で洗ってから輪切りにして天日で干す。乾燥したらっきょう10gに対して水300mlを加え、半量になるまで弱火で煎じる。数回に分けて一日で飲む。

心臓の停滞による胸の痛みに効果がある「らっきょうの粉末」
らっきょうは漢方では「がいはく」と呼ばれ、胸の圧迫や狭心症の痛みに対して効果があるとされ、心臓に効くとされています。
[作り方]
生らっきょうは根を切り落とし、水で洗ってから薄い輪切りにして天日で干す。完全に乾燥したらっきょうを粉末にして服用する。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く