新玉ねぎと実山椒のピクルス

実山椒の風味がうれし和風のピクルス。あま酸っぱく新玉ねぎのしゃきしゃき感がうれしい一品です。ちょっとしたおつまみやお茶うけにどうぞ。
調味液は少なめですが、玉ねぎから水分が出るので大丈夫です。
冷蔵庫で1週間ほど保存できます。
実山椒はスーパーの中華調味料コーナーなどで、手に入れることができます。
ポイント画像
完成画像
2~4人分
新玉ねぎ 1個
実山椒 小さじ1
A 米酢 80cc
砂糖 小さじ2
小さじ1/2
レンジでチン
Aを耐熱容器に入れ、電子レンジ(500W)で30秒加熱。
4コマ画像
切る
新玉ねぎは1センチくらいの、くし形にカット。
4コマ画像
合わせる
ビニール袋に①と②、実山椒を入れる。
4コマ画像
浸ける
途中、袋ごと数回ひっくり返しながら、冷蔵庫で3時間くらい漬ける。
調味液は少なめですが、新玉ねぎから水分がでてきます。
4コマ画像
新玉ねぎで血管も清々しい
 春を迎え、今が咲き時と美しい花が咲く季節。ぽかぽか陽気で春爛漫を楽しめる日が多いものの、低気圧の通過で気温が下がったり、東北や関東地方の太平洋側では、冷たい北東の風が吹き肌寒く、沿岸部では霧の発生する日もあります。
 春は天候や気温の差が大きくなっています。体は暖かくなると血管を広げ体にたまった熱を放熱しますが、気温ががくっと落ち込むと血管をキュッと締めて放熱を防ぎます。
 気温が落ち込んだとき、血管にかかるストレスは大きく、脳卒中や脳梗塞などの発作に注意が必要です。
 未然に防ぐためには、ふだんから血液の流れを良くし、生活習慣病を予防する必要があります。新玉ねぎに含まれる硫化アリルは、動脈硬化の原因となるコレステロールの代謝を促進し、血栓をできにくくする作用があり、血液をサラサラにします。また高血圧や糖尿病の予防に効果がありますので、この季節、新玉ねぎは積極的に摂りたい食品です。
 この時期にしか食べられないみずみずしい新玉ねぎ。たっぷり食べて血管も心も清々しい春をお迎えください。
コメント画像上
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ