アスパラとパルメザンチーズのリゾット

チーズのうまみたっぷりの本格リゾット。アスパラを添えて春の食卓を演出します。子供から大人まで喜ぶリゾットです。
手順③の加熱時間はお好みで調整してください。8分で米の芯が少し残るくらいです。 アスパラ以外にも、グリンピースやトウモロコシでも作れます。いろいろなお野菜で楽しんでくださいね。
ポイント画像
完成画像
2人分
アスパラ 4本
1合
玉ねぎ 1/2個
バター 10g
350cc
小さじ1/3
生クリーム 50cc
パルメザンチーズ 大さじ5
黒胡椒 適量
切る
アスパラは穂先を4センチにカットし、ほかの部分は小口切りにする。
玉ねぎをみじん切りにする。
米を洗いザルにあける。
4コマ画像
炒める
鍋にバターをひき、アスパラと玉ねぎ・塩を加え炒め、油がまわったら、米を加え炒める。合計およそ2~3分。
4コマ画像
炊く
水を加えてアスパラの穂先を取り出す。
蓋をして強火で加熱。沸騰したら弱火にして8~10分加熱。
鍋底に米がくっつくので途中数回かき混ぜる。
4コマ画像
混ぜる
火を止めて、生クリーム、パルメザンチーズを加えて混ぜる。
器に盛り付け、アスパラの穂先を飾り、黒胡椒をふる。
4コマ画像
アスパラで貧血予防
天候が安定し、乾いた晴天が広がる五月晴れの季節です。太陽の日差しも日に日に強まり、日向では夏を思わせる暑さを感じることもあります。急に気温が上昇した時には、熱中症や貧血に気をつけなければいけません。

旬を迎えたアスパラには、赤血球をつくるビタミンBの一種である葉酸が多く、貧血予防に有効です。特に妊娠中の方や女性は、ふだんから葉酸が不足しがちなので、この時期積極的にとりたいお野菜です。またアルコールを飲む方も葉酸が不足しがちになるので、おつまみはアスパラ料理がおススメです。
そのほか、疲労回復に有効なアスパラギン酸が含まれていて、気温の上昇で体内に熱がたまり、疲れを感じるこの時期、滋養強壮にも効果的です。

茹でてよし、炒めてよしの色鮮やかなアスパラ。毎日の食卓に取り入れて、貧血予防・疲労回復。健康促進に役立ててくださいね。
コメント画像上
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ