ゴーヤとコンビーフのスペイン風オムレツ

ゴーヤのほろ苦さが夏に嬉しいオムレツ。18センチのフライパンで形よく仕上げました。コンビーフのうまみたっぷり夏の料理です。
テフロンのフライパンを利用しているため③では油をひきなおさずに卵を入れています。こびりつきやすいフライパンの場合は、②を卵液に入れ、フライパンを洗って油をひきなおしてください。
2~3人分
ゴーヤ 1/2本
コンビーフ 1/2缶
A 3個
生クリーム 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
こしょう 1ふり
サラダオイル 小さじ1
切る
ゴーヤはわたと種をスプーンで取り除き3ミリにカットし、塩を1つまみ(分量外)で軽くもむ。Aをよく混ぜ合わせ卵液を作る。
炒める
テフロンのフライパン(18センチ)にサラダオイルをひき、ゴーヤをしんなりするまで炒めたら、コンビーフを加えほぐす。
卵を加える
フライパンを強火で熱し、熱い状態で①の卵液をいちどに流し込み、大きくかき混ぜ、蓋をしてごく弱火で2分くらい加熱。
ひっくり返す
上が半熟でも外側が固まったら、蓋に滑らせるように移し、フライパンを上にかぶせて一気にひっくり返す。蓋をし弱火のまま2分くらい加熱したら完成。
ゴーヤで夏バテ防止
暑い時期、私たちの体は放熱や汗をかくことで、体温を正常に保ちます。しかしこの汗と一緒に、塩分やミネラルも外に出て不足するため、神経や筋肉の機能が低下し、疲れやすくなります。
またこの時期は、冷たいものを多く口にするため胃腸に負担がかかることや、大量の水分補給により胃粘液が薄まり、食欲が減退してしまいます。
食欲が減退すると栄養不足になり、より疲れがとれにくくなったりするという悪循環がうまれてしまいます。

夏の疲れを解消するのが、良質のたんぱく質とビタミンB1やB2などの、疲労回復の促す栄養素を含んだ食材です。豚肉やウナギ、卵などに多く含まれています。また最近では沖縄で昔から食べられてきたゴーヤにも注目が集まっています。ゴーヤの苦み成分であるモモルデシンには胃腸を刺激して消化液の分泌を促進し、食欲を増進させる働きがあるためです。

食欲を増進するゴーヤと、良質のたんぱく質を組み合わせた食事で、夏バテを予防・解消してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ