ゴーヤといかわたのバター炒め

いかのこのわたとバター、しょう油で仕上げた炒めもの。ゴーヤが入りアクセントのある夏の料理になりました。冷え冷えのビールと一緒にどうぞ。
いかは炒めすぎると硬くなってしまいますので、④では手早く混ぜ合わせてくださいね。
2人分
ゴーヤ 1/2本
するめいか 2はい(300g)
バター 10g
A しょう油 小さじ1
みりん 小さじ1
切る
ゴーヤはわたと種をスプーンで取り除き5ミリ幅にカット。
さばく
いかは、軟骨と口ばし、目をとり除き、胴体は1センチの輪切り、足は食べやすいサイズにカット。このわたはとすみは粗くカットし、Aと合わせる。
炒める
フライパンにバターをひきゴーヤを中火で1分ほど炒め、いかを加えて8割程度火を通す。
混ぜる
中火のまま②で混ぜ合わせたこのわたを加え、いかに火が通るまで炒めたら出来上がり。
ゴーヤで生活習慣病の改善を
私たちの体の快適温度は、25度前後といわれています。それよりも暑いと、汗をかいて肌表面を濡らし、その気化熱で体温を下げ調整します。しかし、夏は汗で体の水分が失われるため、血液が濃くドロドロの状態になっていることが多く、脳梗塞や心筋梗塞などの発作に注意が必要です。また、冷房がきいた室内と暑い外を行き来するとき、血管に負担がかかります。この温度差が発作の引き金になることがあるため、夏は特に注意が必要です。

発作を防ぐには、ふだんから高血圧や糖尿病など生活習慣病を予防・改善する必要があります。最近、緑のカーテンとして注目をされているゴーヤ。ゴーヤには、植物インスリンが豊富に含まれていて、血液をきれいにして血糖値を安定させる優れた効果があります。またゴーヤの苦みには、コレステロールを低下させ血液をサラサラの状態に保つ効果もあることが認められています。

沖縄の長寿を支えるゴーヤ。暑い夏こそゴーヤを食べて体をいたわり、元気でお過ごしくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ