かぼちゃのWチーズ焼き

かぼちゃと2種類のチーズのカリッと焼き。かぼちゃの甘さをあらためて実感できるお料理です。栄養満点、お子さんのおやつにもおすすめ。
④でフライパンに戻すときは、お皿もフライパンも熱いので気をつけてください。フライパンを上から皿に合わせて、一気に返すと、型崩れを防げます。
④で加熱中、はじめはチーズが固まっていないので動きにくいですが、カリッと焼けるとスムーズに動きます。
2~3人分
かぼちゃ 1/8(種をのぞいて220g)
A 粉チーズ 大さじ2
片栗粉 大さじ1
こしょう 少々
ピザ用チーズ 30g
サラダオイル 大さじ1
切る
かぼちゃは、皮の半分くらいを削ぎ落し1~2ミリくらいの拍子切りにする。
混ぜる
①のかぼちゃとAを混ぜる。
焼く1
フライパンにサラダオイルをひき、②を丸くなるように成形し、蓋をして弱火で3分程度焼き、火を止めて焼き面を下にして滑らすように皿に移す。
焼く2
ピザ用チーズをのせ、フライパンをかぶせ一気にひっくり返し、蓋をせず弱火で加熱。3分ほど経って、フライパンをゆすると動くようになれば完成です。
風邪の予防にかぼちゃを
秋の空に規則的にならぶ魚の鱗のような雲や、筋状にのびた雲がみられるようになりました。季節はゆっくり本格的な秋へと向かっています。
秋の移動性高気圧に覆われると、乾いた晴天が広がります。蒸し暑さから解放される一方、空気が乾燥し、喉や鼻の粘膜のうるおいが奪われ、抵抗力が減少します。このため秋は、風邪などのウィルスに感染しやすくなります。

風邪などへの抵抗力を高めるのが、夏から秋にかけて収穫されるかぼちゃです。かぼちゃは体内でビタミンAに変わるカロテンを多く含んでいます。ビタミンA は、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、ウィルスの感染を防ぐ働きを高めます。また、かぼちゃは疲れを解消するビタミンB1も多く含んでおり、夏の暑さで疲れた体 の疲労回復に役立ちます。

秋は気候もよく、仕事や趣味に集中できる季節。この時期に必要な栄養を蓄えたかぼちゃを食べて、実りあるよい時間をお過ごしください。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ