さつま芋スティックのハニーマヨがけ

おかずのような、おやつのような、さつま芋。ほくほくの揚げたてさつま芋は、塩けと甘味で、一口食べるとクセになるおいしさです。
生のさつま芋は硬いので、①で切る時は気をつけてください。形や太さはお好みで、揚げ時間で調整してくださいね。
2~3人分
さつま芋(中) 1本(260g程度)
小さじ1/4
はちみつ 大さじ1程度
マヨネーズ 大さじ1程度
揚げ油 適量
切る
さつま芋は上下を切り落とし、縦に6等分にする。生のさつま芋は、切ったあと空気に触れると色が変わるので、すぐに揚げ始めてくださいね。
揚げる
フライパンに1cmくらい油をひき、揚げ焼きにする。5~6分して楊枝がすっと通ればOK。
塩をふる
よく油を切ったら、塩をふりかけ全体にまぶす。
かける
器に盛り付け、はちみつとマヨネーズをかける。
さつま芋で秋の美肌を目指す
秋の深まりとともに、朝晩を中心にひんやりとした空気に包まれるようになりました。ブーツやストールにセーター、秋ならではのおしゃれを楽しめる季節です。服装だけでなく、女性にとっては美肌も気になる時期。

気温差が大きく空気が乾燥することから、秋は肌荒れを感じる方が多くいるようです。夏の紫外線によるダメージでバリア機能が低下しているのも一つの要因で、秋は保湿クリームなどでしっかり保湿し、マッサージなどのお手入れが必要です。
秋に収穫される美肌のための野菜がさつま芋です。美肌のビタミンと称されるビタミンCは、蒸したさつま芋にはりんごの5倍の20mg/100gも含まれていて、コラーゲンの生成を助け、メラニン色素の沈着を抑えます。また若がえりのビタミンといわれるビタミンEも豊富で、肌老化の要因となる過酸化脂質が体内でできるのを抑制します。

気温変化や空気の乾燥とともに、お肌が酷使される秋。おいしいさつま芋を食べて、美肌を目指してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ