蓮根と明太子の中華和え

シャキシャキの蓮根が嬉しい中華和え。明太子のうまみがおいしく、パクパクお口にすすみます。お酒のおつまみや白いごはんによく合います。
お子さんのいる家庭などでは、明太子のかわりにたらこでも美味しくいただけます。蓮根のゆで時間3分は目安です。シャキシャキ感が残るように茹でてくださいね。
2人分
蓮根 180g
明太子 40g
A ごま油 大さじ1
白ごま 大さじ1/2
きび砂糖 1つまみ
小葱 適量
切る
蓮根は皮をむき大きいものは半分にして、1~2ミリにカット。
茹でる
小鍋に湯を沸かし、塩小さじ1(分量外)を加えて、蓮根を3分くらい茹で、ザルにあける。
ほぐす
明太子は皮をとってほぐし、小葱は小口切りにする。
合わせる
蓮根と明太子、小葱、Aを混ぜ合わせる。
野菜で秋を楽しむ
「秋の日はつるべ落とし」と例えられるように、この時期の日の入りは年間で最も早く、東京・大阪の日没は午後4時30分前後。早まる夕暮れに感傷深くなりますよね。
ものさびしく感じるだけならいいのですが、「気分が落ち込む」「やる気が出ない」など、軽いうつ症状を訴える人が少なくありません。

軽いうつ症状の場合には、日光浴で改善されることがあります。光を浴びることで脳内のセロトニン系の脳内物質が活発になるためです。またうつ症状の改善には、規則正しい食生活と軽い運動が大切です。朝に少し早く起きてウォーキングを楽しんだり、晴れた休日は公園でゆっくりするなど、リラックスの時間作りを心がけましょう。

感傷深くなる秋。心も体も健康になるために、この時期ならではの旬の野菜をとりいれた規則正しい食生活で、秋を楽しんでくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ