戻る
  • 体力が強化され、利尿効果も高い
  • かぼちゃ汁粉
header
「かぼちゃ汁粉」の画像
所要時間:
80 分
(かぼちゃ餅を冷蔵庫でねかす時間は除く)
エネルギー:
564kcal
塩分:
1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
体力強化、疲労回復、利尿


材料
食材
小豆 1カップ(160g)
かぼちゃ 125g
片栗粉 50g
砂糖 80g
少々

footer

header
①小豆は水洗いし煮る。やわらかく煮えたら砂糖と塩を加えて味を調える。
②かぼちゃは一口大に切り、かぶる位の水を加えて煮る。
③かぼちゃがやわらかくなったらザルにあけて水気をきり、熱いうちにマッシャーでつぶす。
④つぶしたかぼちゃに片栗粉を加えてよくまぜ、耳たぶくらいのやわらかさになったら細長い筒状に形を整え、ラップに包んで冷蔵庫で2~3時間ねかす。
⑤かぼちゃを1cm厚さに切って丸め、火の通りをよくするために中央を少し窪ませる。
⑥沸騰した湯に丸めたかぼちゃを入れ、浮き上がってきたらすくい、冷水に放し水気をきる。
⑦①に⑥を入れ、火を通して温め、器に盛る。
footer

header
北海道帯広の郷土料理で、昔、もち米の取れなかったこの地域では、冬至に餅の代わりにかぼちゃを使ってお汁粉を作っていました。甘みのあるお汁粉は寒い時期のごちそうで、体を温め体調を整えて体力を強化するお汁粉でした。茹でたかぼちゃをそのまま入れることもあったと伝えられています。
footer
header
かぼちゃは特に肺がん予防野菜として知られ、血行をよくしてコレステロール除去や便秘予防に有効で、胃腸を丈夫にする働きを持っています。小豆と一緒に取ると、小豆の持つたんぱく質やサポニンの働きで、体力が強化され疲労回復や利尿作用が高まります。かぼちゃはワタや皮の部分も栄養成分が豊富なので、丸ごと使いましょう。かぼちゃ餅はラップに包んで冷凍しておくといつでも作れて便利です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
低血圧や貧血に効果のある「かぼちゃの種」
かぼちゃは種にも栄養があります。かぼちゃの種は、高たんぱく、高エネルギー、そしてミネラルも豊富なので、低血圧症や貧血の方にオススメしたい食材です。
[作り方]
かぼちゃの種は水できれいに洗って天日干しにする。よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒る。好みで塩などを振るとおいしい。

05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く