戻る
  • バランスのよい栄養豊富な保存食
  • しもつかれ
header
「しもつかれ」の画像
所要時間:
240 分
エネルギー:
304kcal
塩分:
1.5g
※栄養価などは1人分の値。
効能
滋養、免疫力


材料
食材 (4~5人分)
塩鮭の頭 1個
節分にまいた大豆 1/2カップ
大根 500g
にんじん 70g
油揚げ 2枚
酒かす 50g
しょう油、塩、酢 各適量

footer

header
①塩鮭の頭は湯がき、流水で血合いやよごれを取る。湯がいた汁は取っておく。
②大豆は粗くつぶす。
③大根とにんじんは鬼おろしでする。
④油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、1cm幅に切る。
⑤鍋に大根おろし(汁ごと)、にんじん、大豆、酒かすを入れて火にかけ、ポッテリとやわらかく炊く。目安は10分。汁が足りない時は鮭を湯がいた汁を加える。
⑥鮭の頭を入れ、かぶる位の汁(湯がいた汁)を注ぎ、3~4時間じっくり煮込む。
⑦鮭のかたい骨を取り除き、油揚げを入れる。
⑧しょう油と塩で味を調え、最後に酢をたらす。
footer

header
栃木県人が郷土料理の代表に挙げる料理ですが、関東一円で作られ、「すみつかれ」「しみづかり」「すむつかり」「つむちかれ」など各地各様の呼び名を持っています。商家で初午か、二の午の日に屋敷内のお稲荷さんに赤飯と一緒に供え、食べると中風にかからないと言い伝えられています。鎌倉時代から作られている料理で、地域により調理法は異なりますが、正月の新巻き鮭の頭と節分で余った炒り大豆が主役で、「鬼おろし」という目の粗いおろしでおろした大根とにんじん、酒粕などを煮込んで作ります。名の由来として①大豆の表面のシワが赤ん坊のむずかる顔に似ている②下野の国の祝い料理「下野嘉例(しもつかれい)」が転訛した③酢の酸味が強烈でむつかる などといわれています。
footer
header
鮭の頭と大豆で、たんぱく質・脂質・ビタミンやミネラルが取れ、大根とにんじんでカロテンや食物繊維、酒粕の様々な薬効(整腸作用・血管拡張・血圧低下など)が取り入れられたバランスのよい栄養豊富な保存食です。

●おにおろし(「鬼卸し」「鬼下ろし」)
おろし金の一種で、刃が粗いものをいいます。おろし汁に入れる大根やかぶをおろす時などに用いられます。粗くおろすことで食物繊維が切れず、水分が出ない特徴があります。
おにおろし

●「酒粕」
酒粕は、清酒を醸造する時に、アルコール発酵が終わったもろみを圧搾して清酒を取った後に残ったカスです。単に「粕(かす)」とも呼ばれ、板状のものは「板粕」と呼ばれています。アルコール分が8%程度あり、でんぷん、たんぱく質、ビタミンB群などを豊富に含んでいる健康食品で、奈良漬け、かす汁、速成の甘酒などに用いられ、酒粕を原料とした「粕取焼酎(かすとりしょうちゅう)」は江戸時代から作られています。
酒粕
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
せきやたん、喉の痛みに効く「大根あめ」
ビタミンCが豊富な大根は昔からせきやたんを鎮静する食材として利用されていました。風邪によるせきやたん、喉の痛みによく効きます。
[作り方]
大根はよく洗い、皮ごと薄いイチョウ切りにする。ビンに大根を入れはちみつをヒタヒタに注ぐ。大根から水が出て浮き上がってきたらできあがり。大根を取り出して、透明な液を飲む。1回に飲む分量は小さじ1杯位で、1日数回飲むとよい。冷蔵庫で保存する。

ニキビに効く「大根のおろし汁」
毛穴に皮脂が詰まり、細菌が感染するニキビは、まず、清潔にすることが大切です。大根をおろした時の特有の辛みは硫黄を含んだ化合物で除菌効果があり、脂肪を分解する効果もあり、ニキビ退治に効果的です。
[作り方]
大根をおろす。カーゼにおろし汁を含ませ、ニキビの部分に4~5分付ける。顔を洗ってから付けるとよい。湯上りだと毛穴が開いているので効果的。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く