戻る
  • 夏の体を冷やし、食欲増進に働く
  • だし
header
「だし」の画像
所要時間:
10 分
エネルギー:
15kcal
塩分:
0.9g
※栄養価などは1人分の値。
効能
食欲増進、体力強化


材料
食材 (4人分)
なす 1個
きゅうり 1本
土しょうが 1片
青じそ 5~6枚
みょうが 2個
ねぎ 10cm
しょう油 適量

footer

header
① なすは5mmくらいのサイコロ状に切り、水に放す。
② きゅうりは5mmくらいのサイコロ状に切り、塩少々を振る。
③ 土しょうがはみじん切り。
④ 青じそは細切り。
⑤ みょうがとねぎは細かく刻む。
⑥ 器に具を混ぜ合わせ、冷蔵庫でよく冷やす。
⑦ いただく直前にしょう油をかける。温かいごはんや豆腐の上にのせていただく。
footer

header
夏野菜や香味野菜を細かく切り、よく冷やしてからしょう油に馴染ませて作る「だし」は、山形県の夏の郷土料理です。忙しい農繁期の火を使わないスピード料理であり、食欲の落ちる夏場の食欲増進料理。山形県では毎日食べても飽きないといわれ、ごはんにかけたり、豆腐、そばやそうめんの薬味などに使われ、夏の食卓に欠かせない一品です。地域や家庭によって様々なバリエーションがありますが、よく冷やして清涼感を楽しむ夏ならではの一品です。
footer
header
なす、きゅうり、青じそ、みょうがといった夏野菜で作るだしは水分含有が高く、夏のほてった体を冷やす働きに優れた郷土料理です。なすの皮に含まれるナスニンは細胞膜の酸化を防ぎ、きゅうりに含まれるイソクエルシトリンはむくみを取る作用に優れ、しその抗菌作用が食中毒予防に働きます。ごはんやそうめんなどの炭水化物と一緒に取ると、食欲の落ちた夏の体力を強化する優れた食べ合わせになります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
歯痛を治す「なすのヘタの黒焼き」
ビタミンCやPを含むなすは、口内炎や歯痛、歯槽膿漏の予防に効果があります。
[作り方]
アルミホイルになすのヘタを並べ、オーブンで炭になるまで黒焼きにする。冷えたらすり鉢でよくすり潰し、同量の自然塩を加えてよく混ぜ合わせる。歯痛の部分にこすりつける。歯茎につけてこすると、歯槽膿漏の予防になる。

あせもを治す「きゅうりの切り口」
きゅうりに含まれる苦みが、ひどいあせもも治します。
[作り方]
きゅうりの切り口に塩をつけて、あせもの部分をこする。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ