戻る
  • 高い抗酸化力を持った栄養食
  • がね
header
「がね」の画像
所要時間:
30 分
エネルギー:
422kcal
塩分:
2.6g
※栄養価などは1人分の値。
効能
便秘、抗酸化力、抗がん


材料
食材 (2人分)
さつまいも 80g
砂糖 大さじ3
ごぼう 80g
にんじん 80g
たまねぎ 1/4個
ピーマン 1個
1個
A 小麦粉 100g
小さじ1
オリーブ油 適量

footer

header
① さつまいもは5cm長さの大きめの細切りにし、水に放して水気をきり、全体に砂糖をまぶす。
② 砂糖をまぶしたさつまいもから水分が出たら、よく溶いた卵を入れ、混ぜ合わせる。
③ ごぼうは皮をこそげ、ささがきにして水に放す。
④ にんじんは皮をこそげ、3cm長さの細切りにする。
⑤ たまねぎは半分に切り、薄切りにする。
⑥ ピーマンは半分に切り、細切りにする。
⑦ ②にAと野菜を入れ、さっくり混ぜ合わせる。
⑧ 木じゃくしでカニのように形を作り、170度の油で焼き色がつくまでカラッと揚げる。
⑨ 器に盛る。
footer

header
出来上がりの形がカニに似ていることから「がね」と呼ばれるようになった都城地方の代表的な郷土料理です。精進料理として不祝儀の席に必ず登場し、お惣菜としても売られているポピュラーな料理です。さつまいもやごぼう、にんじんの他、その時どきの旬の野菜が使われ、お袋の味として日常の食卓に登場する揚げ物です。
footer
header
さつまいもは飢饉食として青木昆陽が江戸時代に導入したことで有名な根菜です。豊富なビタミンCは熱に強い優れもので、ヤラピンという白い乳液のような成分は糖脂質の仲間で食物繊維の効果の一端を担い、便秘予防に働きます。ごぼう・にんじん・ピーマンなどの野菜や卵と一緒に取ると、栄養価に優れた高い抗酸化力を持った食べ合せになります。抗がん作用に優れ、脂質異常や高血圧などの予防も期待できる一品です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
便秘解消に効果のある「さつまいも粉」
さつまいもの食物センイは腸管で吸収されず、吸水性が高いので便のカサを増やします。豊富な食物センイが便秘解消に効果的です。
[作り方]
さつまいもは皮ごと2~3mm薄切りにして、ざるなどに乗せて天日でよく乾燥させる。乾燥いたら粉末にし、水かお湯に溶して飲む(コップ1杯に小さじ1の分量)。食後に飲む方が効果が高い。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

喉の痛みを緩和する「ごぼうのおろし汁」
ごぼうに含まれるタンニンは消炎作用や抗菌作用を持っています。おろした絞り汁にはタンニンの効能が豊富に含まれており、煎じたものでうがいをすると、口内炎にも効果があります。
[作り方]
ごぼうはよく洗い、皮付きのままおろす。ガーゼなどに包んで絞り、絞った汁を1日3回飲む。1回分は大さじ1くらいでよい。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ