小松菜とベーコンのペペロンチーノ

旬の小松菜をベーコンとにんにくで炒めました。びっくりするほどたくさん食べられちゃう我が家イチオシの野菜おかずです。
鷹の爪は1本入れると大人でちょうどいいくらいの辛さです。
③での加熱時間は合計2分くらいです。小松菜は余熱でも火が入るので、強火で少なめの時間で炒めてください。④では炒めすぎると、小松菜がしんなりして水分が出るので、とろみがつけばOKです。
2~3人分
小松菜 2袋(400g)
厚切りベーコン 60g
にんにく 1かけ
鷹の爪 1本
オリーブオイル 大さじ1
小さじ1/4
A 片栗粉 小さじ2
小さじ2
切る
小松菜は根本を切り落とし、4cmくらいにカット。ベーコンは食べやすいサイズ、にんにくはスライス、鷹の爪は種をとり除く。
香りだし
フライパンにオリーブオイルをひき弱火で、ベーコンとにんにく、鷹の爪をゆっくり焼き色がつくくらいまで炒める。はねやすいので蓋をすると安全です。
炒める
小松菜の硬い部分を加え強火で1分くらい炒め、続いて葉の柔らかい部分と塩も加え1分ほど追加で炒める。
とろみづけ
いったん火を止めて、Aの水溶き片栗粉を加え混ぜてから再度加熱。とろみがつけば完成です。炒めすぎないように注意。
小松菜で骨粗しょう症予防
12月に入ると朝晩の冷え込みがきつくなり、平野部でも霜の降りる所が出てきます。通勤・通学にはマフラーや手袋、厚手のコートがかかせない時期になりました。
気温の低下とともに体の動きも鈍くなり、厚着も手伝ってふとした転倒事故が増える冬。
特に女性や高齢者の場合、骨密度が低くなっていて、いちど骨を折ると治りにくいので、転倒には十分な注意が必要です。

骨を作る栄養素のカルシウムは、この時期に旬を迎えた小松菜に多く含まれています。同じ冬の葉野菜でもほうれん草の3~5倍もあり、骨粗しょう症の改善、予防に効果的です。また子供にとってもカルシウムは骨の成長に不可欠で、神経の伝達もスムーズにするので、イライラ解消の効果もあります。

お鍋や煮物など、温かいごちそうが嬉しい季節。小松菜で彩りとカルシウムをプラスして、骨粗しょう症を予防。元気で年末をお過ごしください。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ