小松菜とたらのマヨクリーム焼き

マヨネーズの香りとクリーミーなソースが嬉しい冬のオーブン料理。身のしまった冬のたらの味は格別、小松菜を添えて彩りよく栄養満点の一皿です。
たらは塩をしていない生だらを使いました。トースターでも焼けますが、1.5倍くらいの時間がかかるので、火の入り具合を調整してくださいね。
2人分
小松菜 4株
生だら 2切れ
玉ねぎ 1/2個
ミニトマト 4個
A 生クリーム 50cc
マヨネーズ 大さじ1
2つまみ
マヨネーズ 大さじ1程度
塩こしょう 少々
切る
たらに軽く塩こしょうをふる。小松菜は根元を切り落とし3cm、玉ねぎはスライスにカットする。オーブンを180℃に余熱する。
かける
耐熱皿の中央にたらを、上と下に玉ねぎと小松菜を置き、Aを合わせたソースをかける。
蒸し焼き
アルミ箔で蓋をし、余熱した180℃のオーブンで15分焼く。
焼き色づけ
アルミ箔をとり、たらにマヨネーズを大さじ1程度かけミニトマトをのせて、アルミ箔をはずしたまま180℃のオーブンで5~6分程度、焼き色がつくまで焼く。
年末年始のイライラを解消
クリスマスが終わると、町はいっきに年末・正月モードに変わります。朝晩の冷え込みはいっそう強くなり、北の地方からは大雪のニュースが届くことも多くなります。年末年始は冷え込みによる体が受けるストレスや、忙しさによる肉体的な疲労などから、イライラしがちになりますよね。そんな時は心を落ち着かせる、小松菜を食べましょう。

小松菜はイライラを解消するカルシウムの含有量は、野菜の中でもトップクラスで、同じ葉野菜のほうれん草と比べると3~5倍もあります。βカロテンも豊富で、皮膚の粘膜を強くするので風邪予防などにも有効です。また薬膳では胃腸の働きを促進する作用や、不安感などを解消して心を落ち着かせる除煩(じょはん)という効果があるといわれています。

小松菜はアクが少なく下ゆでが不要で、すぐに使えるところも年末年始の忙しい時期にぴったりです。小松菜でしっかり栄養チャージして、心穏やかによい年を迎えて下さいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ