万ねぎの牛肉巻かれ

牛肉にオイスターソースをつけて、万能ねぎを巻いて焼きました。牛肉でリッチな気分で頂ける中華風の肉料理です。
②で巻くときは、きつすぎると万能ねぎがつぶれ、緩いと崩れやすくなります。ほどよい力で調整をしてください。
2~3人分
万能ねぎ 15本くらい
牛肉の薄切り 280g
A オイスターソース 大さじ1
みりん 大さじ1
こしょう 少々
片栗粉 適量
サラダ油 小さじ1
B オイスターソース 小さじ1
みりん 小さじ1
白ごま 適量
なじませる
牛肉にAを合わせかけ、軽くなじませる。もみ込みと切れて②で巻きにくくなるので、軽く。
巻く
ラップの上に少し重ねながら牛肉を広げ、手前半分に幅を合わせ切った万能ねぎを、奥に片栗粉を薄くはたき手前から巻き、外側に片栗粉をつける。
焼く
フライパンに油をひいて、肉の巻き終わりを下にして焼く。蓋をして弱火で10分、途中に数回回転させ全体を焼きます。
かける
適当な厚さにカットし、Bを合わせたのもをかけ、白ごまをふる。
冷え性には冬が旬の長ねぎを
冬は非常に冷たいシベリアの大陸で育った高気圧が日本付近に張りだします。気象ニュースなどでは冬将軍とも呼ばれ、北や日本海側を中心に大雪をもたらし、太平洋側の冷え込みもいっそう厳しくなりました。
二十四節季では1月20日(2012年)には、最終節の大寒(だいかん)を迎え、一年の中で最も寒い頃です。

私 たちの体は厳しい寒さの中でも、体温を一定に保つ恒常性をもっています。体に冷えを感じた場合には、大事な内臓を守るため血液を中央に集め、手や足などの 先端の血流量が少なくなります。生命維持には不可欠な生体機能ですが、血流が悪く手足の冷えが定常化する冷え症が現代人に多くなっています。

冷え性を改善するためには、適度な運動と体を温める食品をとることが大切。少し汗ばむくらいの運動をして基礎代謝をあげ、冬に旬を迎える体を温める効果のある長ねぎやニラを食べて、冷え性を予防・改善してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ