ねぎ味噌チーズの焼きおにぎり

香ばしいねぎ味噌とチーズをのせた焼きおにぎり。ねぎ味噌はレンジ加熱で簡単に作りました。多めに作ってお野菜と合わせてもおいしいです。
ねぎ味噌の出来上がり量は、おにぎりで6~8個分です。味噌の種類はお手持ちのものやお好みでアレンジしてくださいね。おにぎりは塩をしないでにぎりました。
作りやすい分量
長ねぎ 1本
しょうが 1/2かけ
にんにく 1/2かけ
A 白みそ 大さじ1
赤みそ 大さじ1
みりん 大さじ2
きび砂糖 大さじ1
天かす 大さじ2
かつおの粉 小さじ1/3
おにぎり 適量
ピザ用チーズ 適量
みじん切り
長ねぎ、しょうが、にんにくをみじん切りにする。
レンジ加熱
①とAを耐熱容器で合わせて、蓋をせずにレンジで3分加熱する。(500w)
のせる
おにぎりの上に、②とチーズをのせる。
焼く
トースターで、焼き色がつくまで焼く。
冬の家庭内前線に注意
暖かいところから寒いところに移動すると、血管が収縮し血液の通り道が狭くなるため、つまりやすく循環器系の発作が起きやすくなります。この気温差は、朝に家を出るときなどに大きいことから玄関前線とよばれています。気温差の前線は玄関だけでなく屋内でも存在します。例えば暖房をしたリビングと冷えた廊下や風呂場は気温差が大きく、この前線は家庭内前線と呼ばれています。

家庭内での発作を防ぐためには、室内の寒暖差を少なくすること。例えば風呂に入る時は、少し前に脱衣所に暖房を入れたり、トイレにも小さなストーブを設置したり、廊下などの導線も暖かくできる工夫をして、体にかかる負担を軽減してください。

また食事では、動脈硬化や血栓を改善・予防する野菜を多くとりましょう。なかでも長ねぎには、硫化アリルという血液をサラサラにする成分が多く含まれています。発作の引き金となる動脈硬化の改善や高血圧の予防にもなるので、この時期は積極的に食べたいですね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ