長ねぎとじゃが芋のツナグラタン

長ねぎがとろん、じゃが芋がほくほくのグラタンです。フライパン一つでできるので、手間いらずで簡単、我が家の冬の定番です。
ツナ缶は水煮の加塩タイプを使いました。お手持ちのもので塩分などを調整してください。③では小麦粉のダマを防ぐため、牛乳を加えて混ぜてから加熱をしてくださいね。
2人分
長ねぎ 2本
じゃが芋 1個
ツナ缶(ノンオイル) 1缶
バター 10g
小さじ1/2弱
小麦粉 大さじ1と1/2
牛乳 200cc
生クリーム 100cc
プチトマト 2個
ピザ用チーズ 適量
パン粉 適量
切る
長ねぎは5㎝の長さに切って太めの千切り、じゃが芋は2~3mmの拍子切りにする。
青い部分は飾りで使うので、少し長めで取り分けておく。
炒める
フライパンにバターをひいて、じゃが芋を塩で炒める。じゃが芋が透き通ってきたら、千切りにしたねぎを加え、しんなりするまで炒める。
ソース作り
火を止めて小麦粉を加え混ぜたら、ツナ缶の汁と牛乳と生クリームを加えて軽く混ぜてから火をつけて、混ぜながらとろみがつくまで温める。
焼く
器にうつし①で取り分けたねぎとツナ、半分に切ったトマトを飾り、チーズとパン粉をかけて、トースターで色よく焼く。
一日の終わりは温かい食事
上空の寒気の吹き出しから非常に冷たい季節風が吹く厳冬期、日本海側には雪をもたらします。また太平洋側でも南岸を低気圧が進むと、低気圧に吹き込む北寄りの風が吹くため雪が降り、都市部では少しの積雪でも交通網が乱れ、事故やけが人が発生します。

寒いと体に力が入り、肩が凝ったり膝に痛みを覚えたり、精神的にも疲労がたまりがちになります。そんな寒さに耐えた一日の終わりの食事は、温かいものを食べて体の中から温まりたいですね。
この時期に旬をむかえ甘みがました長ねぎには、硫化アリルという体を温める成分が入っています。血行をよくし、冷えた体の疲れを癒してくれます。また疲労回復の栄養素であるビタミンB1の吸収も高めるので、豚肉や魚介類と一緒に食べると、滋養強壮の効果が高まります。

春に鮮やかに咲く花は、冬の寒さに耐え栄養を蓄え、私たちを楽しませてくれます。私たちも寒さに負けず、しっかり栄養をとって寒い冬をのりきりたいですね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ