春菊と大根の生ハム巻き

春菊の香り、生ハムのうまみと塩けがよく合う総菜。みずみずしい大根もシャキシャキでおいしくいただけます。おもてなしの一品としてもおすすめです。
大根は生ハムの高さよりも長めの拍子切りにすると、巻きやすいです。生ハムは切れやすいので、丁寧に扱ってくださいね。ピンクペッパーの代わりに挽いたブラックペッパーでもあいますよ。
2~4人分
春菊 1~2本
大根 180g
生ハム 8枚
オリーブオイル 大さじ1弱
ピンクペッパー 適量
もぎとる
春菊は葉の柔らかいところをもぎとる。
切る
大根は生ハムの縦幅よりも少し長めで、2mmくらいの拍子切りにする。
巻く
生ハムの上に春菊、大根の順にのせ巻く。
かける
オリーブオイルをかけ、ピンクペッパーを飾る。
春菊で気分はればれ春の日を
光の春という言葉があるように、冬のころと比べると日差しは強くなり、日差しのぬくもりを感じられるようになります。これまで寒さに耐え丸まっていた背筋が伸び、気持ちがウキウキする方が多いいのではないでしょうか。

気分が高揚する方が多い一方、気分がのらない人は物足りなさを強く感じ、気持ちの落ち込みに拍車がかかり、より内向きになってしまいます。
そんな気分の落ち込みを解消するには、ストレスの軽減、適度な睡眠と軽い運動、また旬の美味しいものを食べて、体調を整えることが効果的です。

春に美しい菊のような花を咲かせることから名前が付けられた春菊。特有の爽やかな香りとほどよい渋みが特徴です。春菊の香りの成分であるαビネンやベンツアルデイドは、自律神経に作用し、落ち込んだ心を癒してくれる働きがあります。心を穏やかにするリラックス効果があるので、ちょっと落ち込んだ日の夕飯に春菊をとりいれて、気分転換をしてよい睡眠をとってくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ